ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin

ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin

通常価格
¥1,980 (税込)
セール価格
SALE ¥1,980 ¥1,980 (税込)
通常価格
税込み。 配送料は決済時に計算されます。
数量は1以上でなければなりません
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin
ナプキン Mungo/マンゴー Boma napkin

テーブルを明るくするナプキン

マンゴー社は1998年スチュワート・ホールディングスが創業した南アフリカのホームウェア織物メーカーです。

アフリカの伝統的な柄にモダンの息吹を吹き込んだローカルデザインで、南部アフリカのコットン素材を100%使用し、100年もののアンティーク織機で現地の織り手によって丁寧に編み込まれたナプキンです。

日本ではラッカアフリカでしか手に入らないユニークなナプキンをぜひ手にとってみてください。

アフリカの風景にインスパイアされた美しい柄

乾いた砂漠を覆う影、海岸を通りすぎる静かなそよ風、ピンク色に染まった夕暮れ、爽やかな夜空に浮かぶバオバブの木のシルエット。

アフリカの風景から着想を得た色や柄をユニークな平織りのデザインに落とし込んでいます。

歴史あるアンティークな織機を用いて、手織りしているからこその不規則な幾何学模様が暖かさやリッチな手触りを生んでいます。

マンゴーの美しい柄でテーブルを楽しく彩ってはいかがでしょうか。

高い吸水性とバツグンの速乾性

ボマナプキンはコットン100%でつくられています。

コットンはもともと吸水性、耐久性が高い素材であり、丁寧にきめ細かく織り込まれていることにより、一層高い吸水性を実現しています。

ボマナプキンなら、とても軽く、すぐに乾いてくれますので、繰り返し快適に使うことができます。

南部アフリカ産のコットン100%

ボマナプキンに用いられるコットンはザンビア、ジンバブエ、南アフリカなどの南部アフリカから原料を仕入れています。

その後、南アフリカ国内のピーターマリッツバーグの紡績工場やその先のサプライヤーと密にコミュニケーションを取りながら丁寧に加工されます。

強く引っ張りすぎず、あえてゆとりを持って加工することでより弾力性が生まれ、平織りに最適な糸になるといいます。

コットンは低刺激でアレルギー反応を起こしにくく、自ら温度調整でき、吸水性、耐久性、透湿防水性があるなど普段の生活のなかでたくさんのメリットがあります。

さらに、収穫しても再生産可能であり、生分解性があり微生物により分解可能で環境に優しくサステナブルという側面もあります。

地球に、地域に、人びとにサステナブルな生産

マンゴー社では2017年にマンゴーミル(Mungo Mill)という工場を建設しました。

ワーカーにとって働きやすい環境を提供し、それをオープンで透明性をもって外部に示すために常時見学できる施設にしました。

工場にはランカシャー織機、ドルニエ織機、ルティ織機といった、スクラップになるはずだった100年物のアンティークな織機がありますが、すべて修理して現役稼働させています。

しかし、単なるアップサイクルではなく、古い織機の技術はデザインにより多くの自由度をもたらし、布を作る時に、複雑な柄を作りやすくすることからも採用しています。

また、環境に配慮し、可能な限り一度きりしか使わないプラスチックの利用を避け、完全にリサイクル可能で、生分解性のあるバイオバッグに製品を包んで販売しています。

さらに、マンゴー社では2018年にMOVEというCSR活動に取り組み始めました。

人(People)、地球(Planet)、収益(Profit)という3つのPに平等に重きを置き、売上の1%を工場があるプレッテンバーグ・ベイの地元の発展に寄与するプロジェクトや取り組みに寄付しています。

例えば、地元の子供たちに工場見学、テキスタイルデザインづくりの機会を与え、子供が作ったデザインを商品化し売上を学校に寄付し先生の不足を補うことに使ったり、南アフリカ国内で社会問題となっているドメスティックバイオレンスを排除するための啓蒙活動など具体的なアクションを行なっています。

キッチンクロスはこちら

キッチンクロス Boma cloth/ボマクロス Mungo/マンゴー

インフォメーション

ブランド MUNGO
材質 コットン
サイズmm(約)

縦500 × 横500

生産国 made in South Africa, Plettenberg Bay

Mungo / マンゴー

マンゴー社は1998年スチュワート・ホールディングスが創業した南アフリカのホームウェア織物メーカーです。
伝統的な柄にモダンの息吹を吹き込んだローカルデザインで、アフリカの素材を使用し、アンティークの織機を用いて現地の織り手によって丁寧に編んでいます。 

【本商品の品質について】

ハンドメイドのため、サイズがインフォメーションと異なることがありますので、予めご了承ください。

LEKKERおすすめ商品

x