ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー

ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー

通常価格
¥2,480 (税込)
セール価格
SALE ¥2,480 ¥2,480 (税込)
通常価格
税込み。 配送料は決済時に計算されます。
数量は1以上でなければなりません
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー
ハンドタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー

バスルームにワンポイント。生まれも育ちも南アフリカの美しいバスタオル

マンゴー社は1998年スチュワート・ホールディングスが創業した南アフリカのホームウェア織物メーカーです。

アフリカの伝統的な柄にモダンの息吹を吹き込んだローカルデザインで、南部アフリカのコットン素材を100%使用し、100年もののアンティークの織機で現地の織り手によって丁寧に編み込まれたタオルです。

通常のタオル地のバスタオルとは一味もふた味も違う平織タオルは、使っていく中で驚きの連続ですよ。

日本ではラッカアフリカでしか手に入らないユニークなタオルをぜひ手にとってみてください。

浴室、リビンングをメイクアップ。

浴室によくある無地のハンドタオルと違って、柄も色も明るいイタウリタオル。気分がとっても明るくなります。

タオル地はパイルといってループ状の織り方をしているため毎日使っていると毛羽立ってしまうこともありますが、平織のイタウリタオルはギュッと目が詰まっていて、しっかり丈夫。

生地がとても薄く、リビングのテーブルに広げて置く人もいるように、インテリアとしても使うことができます。

イギリスの有名な脚本家のダグラス・アダムスは自身の著書『銀河ヒッチハイク・ガイド』を援用し、「このタオルは惑星を旅するヒッチハイカーが持って行くのに足るくらい最も便利と言っても大げさでない」と絶賛しています。

顔を洗って一拭き!高い吸水性とバツグンの速乾性

写真はバスタオルサイズ

タオル地でないと、表面が硬く水を吸わないのではと思う方もいるかもしれません。

ご安心ください。コットンはもともと吸水性、耐久性が高い素材であり、丁寧にきめ細かく織り込まれていることにより、一層高い吸水性を実現しています。

コンパクトで節水にもなる地球に優しいタオル

平織タオルは従来のタオル地より小さく、簡単に巻いたり、くしゃくしゃっとしてバックパックに入れたり、開いてものを置いたりできます。

パッキングのお悩みは解決できるのではないでしょうか。

また、軽いという特徴があることから、洗う時に少量の水で済みます。マンゴー社のテストによれば、同じサイズの洗濯機に2倍の量のタオルを入れることができました。

100%ナチュラル繊維で肌にも優しい

写真はイタウリ柄

タウロタオルは南部アフリカのコットン100%を使用しています。

コットン繊維は柔らかく、耐久性があり、アレルギー反応を起こしにくいと言われています。

そして、抗菌性が高く、カビに強く、新しい香りが長く続きます。

1点ずつユニークな柄

タウロ(tawulo)とは南アフリカの公用語の1つであるコサ語で「タオル」を意味します。

タウロの最大の特徴は1つとして同じタオルがないことです。なぜか。

それは横糸をランダムにより合せているためです。注意してみてみると、上の写真の緑色が一様でないことがお分りいただけるかと思います。

こうした技術の背後には、西アフリカの歴史的な織り手の技があります。

伝統的に色のついた糸は植物由来の染料で染色していましたが、西アフリカではあまり多くは育たない植物でした。

世界中から貿易商人がアフリカに来た時、彼らは自国から布を持って来ており、それは現地の人びとにはいかにも異国情緒を感じる色でした。

この布は紐解かれ、取り除かれた糸は地元の糸と組み合わせて、再度編み込まれ、ハイブリッドの柄と色が作り出されました。

参照元:Designspiration、ignant.com

また、タウロの中心を通るストライプは伝統的な民族布である「バソトブランケット(Basotho Blankets)」からインスピレーションを受けています。

このバソトブランケットはもともとイングランドで生産されていました。その頃、布を切る端を示すものとして編まれていた柄が、アフリカに輸入され、別な解釈が加えられ、人気を博すようになったとされています。

そうした歴史を踏まえつつ、マンゴーでは創業者とその意志を継ぐ専属のデザイナーがクラシックな織物に創意工夫を重ね、現代的なひねりを加え、美しいデザインに昇華しました。

地球に、地域に、人びとにサステナブルな生産

マンゴー社では2017年にマンゴーミル(Mungo Mill)という工場を建設しました。

ワーカーにとって働きやすい環境を提供し、それをオープンで透明性をもって外部に示すために常時見学できる施設にしました。

工場にはランカシャー織機、ドルニエ織機、ルティ織機といった、スクラップになるはずだった100年物のアンティークな織機がありますが、すべて修理して現役稼働させています。

しかし、単なるアップサイクルではなく、古い織機の技術はデザインにより多くの自由度をもたらし、布を作る時に、複雑な柄を作りやすくすることからも採用しています。

また、環境に配慮し、可能な限り一度きりしか使わないプラスチックの利用を避け、完全にリサイクル可能で、生分解性のあるバイオバッグに製品を包んで販売しています。

さらに、マンゴー社では2018年にMOVEというCSR活動に取り組み始めました。

人(People)、地球(Planet)、収益(Profit)という3つのPに平等に重きを置き、売上の1%を工場があるプレッテンバーグ・ベイの地元の発展に寄与するプロジェクトや取り組みに寄付しています。

例えば、地元の子供たちに工場見学、テキスタイルデザインづくりの機会を与え、子供が作ったデザインを商品化し売上を学校に寄付し先生の不足を補うことに使ったり、南アフリカ国内で社会問題となっているドメスティックバイオレンスを排除するための啓蒙活動など具体的なアクションを行なっています。

バスタオルはこちら

バスタオル Tawulo/タウロ Mungo/マンゴー

インフォメーション

ブランド MUNGO
材質 コットン
サイズmm(約)

縦900 × 横500

生産国 made in South Africa, Plettenberg Bay

Mungo / マンゴー

マンゴー社は1998年スチュワート・ホールディングスが創業した南アフリカのホームウェア織物メーカーです。
伝統的な柄にモダンの息吹を吹き込んだローカルデザインで、アフリカの素材を使用し、アンティークの織機を用いて現地の織り手によって丁寧に編んでいます。 

【本商品の品質について】

ハンドメイドのため、サイズがインフォメーションと異なることがありますので、予めご了承ください。

LEKKERおすすめ商品

x