¥15,000以上のお買い上げで配送無料
リチャード・カーショウ エルギン クローナル・セレクション ピノ・ノワール(赤)

リチャード・カーショウ エルギン クローナル・セレクション ピノ・ノワール(赤)

通常価格
¥6,980 (税込)
セール価格
¥6,980 (税込)
税込み。 配送料は決済時に計算されます。
数量は1以上でなければなりません
リチャード・カーショウ エルギン クローナル・セレクション ピノ・ノワール(赤)

印象的なスケール感を持つエルギンピノ・ノワール

色合いは輝きのある淡いルビー色。カシスやブルーベリーのような香りを主体とし、紅茶やバラ、そしてキノコのような芳醇なフレーバーも持ちます。

グラスを回してスワリングすると、豊かな香りがさらに広がり、香り高く上品なワインです。雑味や粗々しさは一切なく、クリーンで透明感のあるピノ・ノワールで、香りで感じたイメージかそのまま味わいにも反映されています。緻密なタンニンとまろやかな甘みがあり、エレガントではありますがストラクチャーはしっかりとしています。

初リリースの2015年よりもバランスがとてもよく、さらにクオリティがグレードアップしたのではないでしょうか。お手頃な価格帯ではありませんが、それ以上に値する頭一つ抜けたスケール感を持つワインです。

生産量が少なく、2017VTは限定5850本のみ。市場で見つけたら即買い決定のワインです。

マスター・オブ・ワインが造るこだわりのブティックワイナリー

ワイン業界最高峰の資格マスター・オブ・ワイン(MW)を所持するリチャード・カーショウ氏が設立した、冷涼産地エルギンに位置するワイナリーです

2012年初リリースの新しいワイナリーですが、ファースト・ヴィンテージからいきなり業界を代表するワイン誌、デキャンターにて「ブルゴーニュ以外の世界のシャルドネTOP10」に選ばれるなど、大きな注目を集めました。

リチャード・カーショウ氏のエルギンへの土地のこだわりはひとしおで、南アフリカでは珍しく緻密な地質検査を行い、それに基づき畑を細分化。さらにブドウもブルゴーニュ大学で研究を重ねた様々なクローン種を採用し、小区画ごとに合ったものを栽培するという徹底したワイン造りを行っています。

研究を重ねて栽培されたブドウは、全て手摘みで収穫され、15分以内にセラーに運びこまれます。その後重力だけを利用してゆっくりとプレスし、ピュアでフレッシュなブドウジュースが生まれます。

リチャード・カーショウのワインは、まさに研究と苦労を重ねてこそなせるワインなのです。

このワインに合うレシピ

チキンと椎茸のトマト煮

材料(4人分)

鶏モモ肉 1枚
干し椎茸 3枚
キャベツ 2枚
里芋 3個
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1個
小さじ1/2
カットトマト缶 1缶
チキンコンソメ 小さじ2
ウスターソース 小さじ1
オリーブオイル 大さじ1

作り方

1.干し椎茸は同量の水を入れた容器に入れ、冷蔵庫に一晩おいてもどす。

2.鶏モモ肉はひと口大に切り、塩、胡椒をする。キャベツ、里芋はひと口大に切る。玉ねぎはみじん切りにし、にんにくは包丁の背でつぶす。椎茸は4等分に切る。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、にんにく、鶏モモ肉をいれて炒める。肉の色が全体的に白っぽくなったら玉ねぎも加え、玉ねぎがしんなりしたら鍋に移し、残りの材料を全て加えて里芋が柔らかくなるまで中火で20分ほど煮る。塩、胡椒で味を整えて完成。

その他おすすめマリアージュ

エレガントですがしっかりと骨格のしっかりとしたワインなので、やはり合わせる料理と言えばメインとなるお肉料理が良いでしょう。

脂身は少ない、さっぱりとした部位のお肉がぴったりです。レア、ミディアムのような弱い火入れをしたステーキに、柚子胡椒やわさび醤油、岩塩などを少しつけてみても美味しいですね。

また、煮込んでホロホロになった肉の煮込み料理や、ローストビーフなどとも相性抜群です。

ワインインフォメーション

生産者 リチャード・カーショウ・ワインズ
原産国/地域 南アフリカ/エルギン
主要品種 ピノ・ノワール100%
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
容量 750ml
ヴィンテージ 2017
受賞/評価 (2017)「プラッタ-ズ 2019」 4.5星(94点)

ラッカコーディネータープロフィール

よこたん(料理家/ワインエキスパート/ブロガー)

東京都出身。 大手IT企業を辞め、単身フランス留学しヨーロッパの食とワインを学ぶ。 レシピ開発、 フードスタイリング、コラム提供、メディア出演など美食ハンターとしてマルチに活動中。

x