¥15,000以上のお買い上げで配送無料

『かもめ食堂』が普通におもしろかった話

どうも、イセキです。

先日、どうして北欧ブームが来たのだろうーって調べてて、一つの映画に出会いました。

そう、2006年公開の『かもめ食堂』です。

タイトルはうっすら覚えてましたが、見たことはありませんでした。

コーヒーを飲んだり、ご飯作ったり、食べたり。

生活のさまざまな場面が具体的に描かれてました。

フィンランド政府観光局のバックアップもあって、マリメッコやイッタラといった北欧ブランドが登場。

お店、ホテル、フィンランド人の家の中のオシャレなインテリア。

そして、地元の人が好きだという緑々しい森。

映画の起源がそうだったように、見たことのない世界を旅できる素敵な映画でした。

かといって、異国情緒で塗り固めるだけでなく、人間共通の感情も描いていて、フラットな目線も共感を呼んだのかなあと。

ここは好き、でも、ここは嫌い。

でもでも、総じて、好きみたいな。

そういう眼差しでアフリカを見たときに、僕だったら、どんな精神性に光をあてるのだろう。

美味しい楽しいという意味のラッカという概念も、隣り合う文化とセットで紹介することで、ますます愛すべき存在になるのかなって思いました。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

x