¥15,000以上のお買い上げで配送無料

アフリカという顕在ニーズはない?

ラッカのイセキです。

北欧が流行った2000年代には、マリメッコ、イッタラという北欧ブランドが認知されていたし、かもめ食堂で小ブレイクもあった。そして、ikeaの2回目の日本進出もこの頃だった。

アフリカはというと、コーヒーなんかはスタバでもケニア、エチオピアのものはよくみるし、南アフリカワインもたまーにコンビニにもあったりはする。

ただ、このブランドいいよねって名前が出てくるレベルのものは無いし、メディアが伝えるアフリカも危険なところかサファリに留まっているようにも思う。

検索ボリュームも少なければ、南アフリカワールドカップ以来キーワードトレンドとして大きく上向いてるわけでもない。

地道にキラーコンテンツ、キラープロダクトを作っていくのと、アフリカ関係なくどう周辺のキーワードを引っ張ってこれるかが大事なんだろうなと思う。

そして、動画コンテンツは必要な気もするが、リソースをどう手当したものか。悩ましい笑 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

x