¥15,000以上のお買い上げで配送無料

ラグビーワールドカップ2019、注目は南アフリカ対ニュージーランド

どうも、伊関です。

2015年、日本が南アフリカに勝利し、ジャイアントキリング(大番狂わせ)として一躍世界中の注目を集めました。

2016年に南アフリカに駐在したときには、よく現地の人との会話で「日本は強かった、いい試合だった」ということで盛り上がりました。

あれから、4年。

ついに、日本にラグビーワールドカップがやってきました。

日本は予選プールAで、アイルランド、スコットランド、サモワ、ロシアと同じグループです。

前回大会では、スコットランドに45-10で負けているので、リベンジマッチですね。

もちろん日本は楽しみなのですが、南アフリカ駐在員たちが最も注目しているのは、やはり、9月21日(土)に横浜国際総合競技場で行われる、南アフリカ(スプリングボクス)対ニュージーランド(オールブラックス)。

前回大会優勝を含め合計3回と最多優勝を誇るニュージーランド。

南アフリカは、インビクタスという映画にもなった1995年、ジョン・スミット率いた2007年の優勝の合わせて2回。

ライバルが同じ予選プールに入ったことで、決勝さながらの初戦となります。

 

余談ですが、ラグビー好きはビールが大好きだそうです。

「その消費量はサッカーファンの約6倍で、2015年のイングランド大会ではスタジアムとファンゾーンだけで190万リットルが飲み尽くされたという。」(2019/3/9 6:00 西日本新聞

ラッカアフリカでは日本で入手困難な珍しいカナダビールも取り扱っているので、ラグビー観戦のお供にぜひ。

さて、本当に9月、10月のビール消費が増えるのかも見ものですね(笑)

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

x