¥15,000以上のお買い上げで配送無料

オシャレでかわいいアフリカ雑貨の店舗と通販サイト7選

アフリカにはアフリカンプリント、カンガやキテンゲのようなアフリカ布、細かな手しごとで編み込まれたカゴなど、オシャレでかわいい雑貨がたくさん!

最近では、アフリカと日本の伝統工芸のコラボ商品や、アフリカの若手デザイナーやクラフトマンによる洗練されたプロダクトが生まれたりと最新情報から目が離せないアフリカ。

見ているだけで楽しいアフリカ雑貨ショップをまとめてご紹介します(50音順)。

アフリカ雑貨とは?

アフリカと一口に言っても、アフリカ大陸には54もの国があります。

北部の中でもモロッコやアルジェリアなどヨーロッパの影響が強く、エジプトのようにムスリム中心の地域もありますし、サハラ砂漠以南では、歴史的背景から西はフランス、東はイギリスの影響が大きいです。

また、東アフリカはインド洋に面していることから、インドの影響もみられます。

加えて、アフリカ大陸には、言語学的には2000もの言葉があるとされ、土着の信仰なども多数存在します。

つまり、アフリカ雑貨の特徴を一言で語り尽くすことはできませんが、強いて言うならば、その多様性が特徴の1つと言えます。

東アフリカのカンガ布の例でいえば、土着の人たちの布を巻く文化、インドからの布、インドネシアの柄とオランダのデザインなどが合間って、進化を遂げてきました。

このように歴史的、文化的にたくさんのものを取り入れつつ、独自に発展を遂げてきたアフリカ雑貨ですが、政治的に不安定だったという事情もあって、これまで限られた人たちにのみ知られていました。

一方、現在では、政治の安定化、インターネット、SNSなどの浸透に伴い、日本にも広く紹介されはじました。

アフリカ屋

1994年から西アフリカ各地の布を取り扱っている老舗です。

ワークショップを通じて、西アフリカのダンスや文化を積極的に日本に紹介しています。

また、荒川区にある店舗では、セネガル人テーラーによるテーラーメイドができるのが特徴の1つ。

自分の好きな柄の布を選んで、ぴったりのサイズの洋服に仕立てることができます。

店名 アフリカ屋
公式サイト

https://www.africa-ya.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/africaya94/

SAWASAWA(サワサワ)

 

SAWASWAとは、「豊かな自然が残るアフリカからハンドメイドで大切に作られたものを大切な方にお届けします」というコンセプトのもと、ヨーロッパでも人気のテキスタイルやオリジナルアイテムを販売しているアフリカ雑貨専門店です。

また、創業170年を越える、アフリカンプリントブランドであるオランダ”VLISCO”社の正規取扱店の日本第1号店です。

シーズンごとにアフリカンプリントを用いたプロダクトをリリース。可愛いものばかりで、最新の動向に常に目が離せません。

店名 SAWASAWA(サワサワ)
公式サイト https://www.sawa2.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/sawasawa.official/

Sun mi(サンミ)

デザインや生地の買いつけなどはSun miが、傘本体は日本の大阪の傘職人が、ボタンは神戸の陶芸家が手がけているというこだわりの一品。

アフリカ模様は大胆な柄が多いだけに、気になるけど、なかなか生活に取り込みにくいなと感じる方にもオススメ。

傘の種類は、日傘と晴雨兼用傘があります。

晴れの日には太陽よりも陽気に、雨の日には太陽の代わりに気持ちを明るくしてくれるアフリカ傘はイチオシです。

店名 Sun mi(サンミ)
公式サイト http://sunmi.biz/index.html
インスタグラム https://www.instagram.com/sunmi_69/

SOLOLA(ソロラ)

SOLOLAとは、高品質のアフリカ産伝統染織、各地のかご、オリジナルの手工芸品などを扱うブランドです。

オーナーの鈴木さんは、アフリカの奥地にも赴くこともしばしば、伝統的技法を用いてものづくりをしているアフリカの生産者とつながりを持っています。

現地の美にSOLOLA独自の解釈を加えた「新しいアフリカの形」を発信されています。

店名
SOLOLA(ソロラ)
公式サイト

http://solola-africa.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/solola.africa/

ポレポレオフィス

ケニア、タンザニアをはじめとする東アフリカの伝統的な布であるカンガを日本に本格的に広めたが、このポレポレオフィス。

代表の織本さんは1991年にサファリなどを見にケニア旅行に行き、その際、「Kangas: 101 Uses」というカンガ布に関する一冊の本に出会ったのをきっかけだったそうです。

その後、カンガ布の本を翻訳し自費出版したり、学術的な研究をしたり、輸入販売を行ったりして、カンガ布の魅力を伝えています。

店名 ポレポレオフィス
公式サイト

https://www.polepolekanga.com/

インスタグラム

https://www.instagram.com/polepolekangashop/

MANGOROBE(マンゴローブ)

アフリカ専門の輸入・卸売として1992年にスタート。

ロングセラー「ケニア紅茶」を初め、人気のカゴバッグやバブーシュ、マニアックな美術品までアフリカの温もりのあるアイテムを多数取り扱っています。

また、営利目的の輸入販売のみではなく、アフリカ各地の優れた商品の開発、生産地の紹介、NGOへの協力を行っています。

川越に実店舗もあり、幅広いアフリカの商品を直接手に取って見ることができる日本で限られたお店の1つ。

店名 MANGOROBE(マンゴローブ)
公式サイト

https://www.mangorobe.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/mangorobe_japan/?hl=ja

LEKKER AFRICA(ラッカアフリカ)

南アフリカをはじめアフリカのモダンなプロダクトを中心に輸入販売を行なっています。

素材、デザイン、生産を一貫して自国で完結するという100%South African Productブームが到来しつつある南アフリカ。

ケープタウン、ステレンボッシュ、ヨハネスブルグを中心に次々と若手のデザイナーやクラフトマンが自分たちのブランドを立ち上げています。

良い意味で日本人の期待を裏切ってくれる、最新の洗練されたアフリカ雑貨を販売しています。

また、雑貨に加えて、フランス、イタリアなど伝統的な産地とも、オーストラリアやアメリカなどのニューワールドとも一味違う南アフリカワインの販売も行なっていています。

店名 LEKKER AFRICA(ラッカアフリカ)
公式サイト

https://lekker-africa.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/lekker_africa/

 

みなさん、気になるお店は見つかりましたでしょうか?

アフリカのオシャレな雑貨を生活に取り入れ、いつもとはちょっぴり違う雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?

x