CLOUDYが描くサステナブルな未来 〜デザインでつながる日本とアフリカ〜

CLOUDY(クラウディ)とは

CLOUDYとは、銅冶勇人さんが立ち上げた、アフリカの伝統的な民族柄や布とモダンでポップなデザインを融合したアパレルブランドです。

雇用創出を目的とした自社縫製工場をアフリカにて運営し、収益の一部はNPOやNGOを通じて、アフリカの雇用、教育、健康のための活動に寄付しています。

東京で初となる2019秋冬コレクションを開催

12月8日(日)、JR恵比寿駅から徒歩5分にあるオシャレなオフィスで、秋冬商品をお披露目する2019AWコレクションが開催されました。

PRはまだほとんど行なっていないというCLOUDYですが、公式SNSを通じて知った大勢のお客さんが押しかけ大盛況でした。

ハンドメイドでつくったバスケットとエコファーハンドルのコラボ商品をはじめとする秋冬商品が多数リリースされました。

1つ1つ丁寧な手仕事でつくられていて、お客さんは好みの商品を見つけようと、ショップ全体が熱気に包まれていました。

アフリカ × ポップで切り開く新境地

洗練されたフォントのロゴと奇抜なイエロー。環境を意識し、専用につくられた紙のハンガー。

商品を収納するダンボールもCLOUDYにかかれば、この通り。素敵なディスプレイとして、ショップを彩ります。

アフリカのアートといえば、民族調の仮面や動物の彫像を思い浮かべてしまいそうですが、CLOUDYの製品は世界に通用するデザインを志向。

そのため、店内には、いつものファッションに新しいスパイスを加えようというオシャレ好きなお客さんが多いように感じました。

アフリカに雇用、教育、健康を

商品を購入すると、ショップバッグに小冊子が同封され、ガーナやケニアでの取り組みが紹介されています。

貧困削減のために現地で推進している工場・学校建設や給食プロジェクトの様子が詳しく記されています。

製品に付いているタグにも、想いが添えられていて、何気ない日々の購買の意思決定が世界を少しずつ変えることにつながることを教えてくれます。

これまで貧困削減の取り組みはアフリカ大陸の内側に閉じ、なかなか持続性やスケーラビリティを得られない課題がありました。

一方で、CLOUDYは大きなビジョンに加え、ビジネスモデルやデザインを刷新することで、日本を始め世界を巻き込もうとしてます。

これからもCLOUDYの進化から目が離せません。

ブランド CLOUDY
公式サイト https://cloudy-tokyo.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/cloudy.tokyo/
x