ホームパーティーの手土産にオススメの南アフリカワイン – 13の提案 –

ホムパの手土産にとっておきの南アフリカワイン

ホームパーティといえば、喜ばれるお酒の一つはワイン。

一緒に参加する人やホスト、その場の料理と調和しながら、みんなで美味しく楽しく盛り上がる13の提案をご紹介します。

突然ホームパーティに呼ばれたら考えること

会社の同僚や職場の上司、友人に突然ホームパーティに誘われたら、どうしよかなって一瞬考えちゃいますよね。

初めてのお呼ばれなら何を持っていくべきか、いくらのモノがいいか、何度も同じメンバーとホムパをやっている人だって前回と違うものを持って行かないと芸がないなーとか。

どんなシチュエーションでも少しは悩んでしまうものです。

予算は友人となら3,000円くらい、上司や記念日には5,000〜6,000円程度が相場とよく言われますが、これは時と場合によるでしょう。

持ち寄りパーティなのか、料理はホストが準備してくれるのか、会費が事前に知らされているのかどうか、周りの人はどんなものを持ってくるのかなど。

仲の良いメンバーとの気軽な会は別にして、どうしても色々な気遣いをしてしまうものです。

ワインはホムパの最強の手土産!?

考え始めれば悩みが尽きないホームパーティですが、どんなシチュエーションでも喜ばれること請け合いなのがワインです。

理由のひとつは、ホストが料理を準備していても邪魔しないこと。

ホストが手料理やデザートを作っていた場合、ゲストがそれを上回るインパクトのある食べ物を持ってくると、せっかく頑張ったのに…とホストはあまり良い気分はしないでしょう。

もちろん、何にも気にすることのない気楽な会だったり、事前に誰が何を持って行くかを役割分担することもあるので一概には言えませんが。

次に、欲しい分だけ簡単に取り分けられることもホームパーティーでは大事な要素。

ケーキやお肉を取り分けるとなると、出すタイミングやみんなへの配分をどうするか少し配慮が必要ですが、ワインならいつでも飲みたい人が注げばOK。

一般的にはワインボトル1本(750ml)で6杯くらい取れると言われています。ちなみに、少し高級なレストランで出てくるワインだと8杯取りの場合もあります。

参加人数やその中でもお酒好きな方がどれくらいいるか、用意されているお酒の種類や量に合わせて、ボトルの本数を考えてみてください。

例えば、乾杯のビールがある4人のホムパなら、白ワイン、赤ワイン1本ずつあると、1人あたり3、4杯飲めるので十分ではないでしょうか。

結構飲むワイン好きでも1人1本くらいに見積もっておけば大丈夫でしょう笑

最後に、ワインの良いところは余って困らないないところです。その場の料理や持ち込みのお酒の都合でワインを飲まなかったとしても、ホストにお渡しすれば喜ばれるでしょう。食品であれば賞味期限もありますが、ワインは長期保存でき次回何かの機会に飲むこともできます。

南アフリカワインの特徴については、『南アフリカワインがオススメの理由は?』を見てみてください!

それでは、ホムパにオススメの南アフリカワインについて、13の提案をご紹介します。

1. 乾杯といえば、泡

2. にがみや辛味が苦手な女性にもオススメな白ワイン

関連記事

3. 記念日に贈るちょっとリッチな白ワイン

4. 重めな赤が苦手な人でも美味しい赤ワイン

5. ワイン好きも大満足な赤ワイン

関連記事

6. the“肉”のお供

7. 最強のコスパ

8. ジャケ買い/見た目重視

9. 自然派ワイン

10. マニアックなワイン

11. 話題で選ぶなら

関連記事

12. 南アフリカの有名なブドウ品種で選ぶ

13. ゲスザプライス(値段当てクイズ)で盛り上がるなら

関連記事

最後に

ワインを提供するときの温度や余ったワインの保管の仕方が気になる方は『気になるワインの最適な温度と湿度とは?』を参考にしてみてください。

みなさんのホームパーティが"LEKKER"になることをお祈りしております!